建築師とつくる

家づくりで失敗しないための資金計画

 「子供たちも大きくなって今住んでるところも手狭になってきたし、そろそろ家づくりを考えようか?」とは言ってみたものの…頭をよぎるのは資金のことや将来への不安。
 住宅資金や土地資金、住宅ローン、その後の生活のことまで考えると、だんだんと不安になってくる方は多いはず。数千万という買い物ですから悩まれるのは当然。まったく悩まないで建てられる方のほうが後々のことを考えると心配です。
 しかし、今までの家賃生活とほとんど変わらない金額でローンを組みながら、子供たちのために貯金までできてしまう。
そんな方法を少し勉強するだけで手にすることができるかもしれないのです。
土地探しや家づくりを考え始めたら、まず資金計画の勉強をすること。
将来への不安やリスクをちゃんと消してから家づくりに取り組むことが大切です。
無理のない資金計画を考えましょう
住宅ローンを組んだ後は、返済は30年や35年と長期のお付き合いになります。
住宅ローンの資金計画は「借りること」も大切ですが、より大切なのは「無理なく完済すること」です。

A.自己資金額を計算します

「自己資金額」=「現預金」+「贈与等の援助資金」

B.将来の為に残しておく資金額を考えます

C.住宅購入諸費用を考える

D.頭金に使える金額を検討する

ここまでの結果で、A-B-C=「頭金に使える額」がマイナスとなるようであれば、住宅購入に関する諸費用が「自己資金」で用意しきれないことを意味します。

E.無理のない住宅ローン借入額を考える

我が家にとって、無理なく返済可能な「住宅ローン額」を検討します。 「金融機関から借りられる額」ではなく、「無理なく返済できるローン金額」を知ることが重要です。 その額が実際に借りられるのか、銀行に問い合わせてみるのも良いでしょう。
お名前*
ふりがな*
会社名
メールアドレス*
電話番号*
住所*


お問い合わせ内容*